シルクロードの古代都市・ゴヌールの王宮

 パミール高原、ヒンドークシュ山脈から発しアラル海に注ぐアムダリア川によってもたらされた平野の肥沃地をアムダリア地方という。その中流域にゴヌール・テペ遺跡(マルグッシュ遺跡)がある。オアシス都市。牧畜や大麦、小麦の生産する灌漑農業が行なわれていた。紀元前22世紀~前16世紀の都市。ゾロアスター教発祥の地との説あり。 1 ゴヌール遺跡形…
コメント:0

続きを読むread more

方丈記考

方丈記 1 作者 鴨長明(1155-1216年) 下鴨神社の禰宜鴨長継の次男として生まれる。 1175年延暦寺との土地争いに負ける。以後歌人として活動。「千載和歌集」に入選。 近江国甲賀郡大岡寺で出家。東山、大原に住居後、方丈記を書いた日野に移住。 1212年自ら名付けた「方丈記」を完成。 2 語句解釈 1 行く川の流…
コメント:0

続きを読むread more

あをによし

あをによし考 万葉集  巻三  大宰府小弐 小野老(697-732) が729年に大宰府に戻った時の和歌 原文   青丹吉 寧楽乃京師者 咲花乃 薫如今盛有 詠み   奈良の都は咲く花の、にほふがごとく今盛りなり 定訳   奈良の都は咲く花が、香り高く今を盛りと咲いています。 1 私訳 漢字解釈  青 → 蒼 → 蒼…
コメント:0

続きを読むread more

さかのぼり信長

1 桶狭間の戦いから死去までのさかのぼり 1582年 本能寺の変にて死去(6月) 1581年 安土城完成。提灯飾りで祝う(7月)尾張津島神社天王祭りの提灯祭りと同じ。 1580年 フロイスとヴァリニャーノが安土城にて信長に拝謁 1578年 安土城にて相撲観覧 1577年 右大臣の宣下 1576年 京の北東の地、琵琶湖…
コメント:0

続きを読むread more

遡り秀吉

1 さかのぼり秀吉  中国攻めから死去までを遡ってみます 1598年 秀吉死去(8月) 1597年 再度朝鮮出兵(2月) 義昭死去(10月) 1596年 秀次切腹(8月) 1593年 秀頼誕生(8月) 1592年 吉野・金峰山復興.。 朱印状発行 1591年 利休切腹。朝鮮出兵 1588年 毛利輝元上洛、秀吉、義昭と会う…
コメント:0

続きを読むread more

ヨハネの黙示録の構造

 新約聖書27巻の中でヨハネの黙示録が最も古くに書かれたのであれば、ピュタゴラス教団の教学とバビロニア天文学と創世記が骨子になっているであろうと推測される。作業としては、句読点、接続詞、命令形を拾いましたのは、本来原文には句読点がなかったからです。 1章 1:1 イエス・キリストの黙示、1:2 イエス・キリストの証し 1:5 イ…
コメント:0

続きを読むread more

ペガスス座と魚座

1 ペガスス座  ペガススの四辺形として知られる。その四辺形を古代人たちは天の国、神の国と思っていたようである。その名は翼を持つ天馬ペーガソスをあらわす。また「泉」の意味をも持つ。天馬はその国を守る天馬であり、国の中にはいのちの木があり、いのちの水をたたえる湖があった。鳥は木々の実をたべ、水鳥は湖面を泳いでいた。動物たちは多く、食物の…
コメント:0

続きを読むread more

文字の誕生・トークン

引用図書 「Newton ニュートン」 (株)ニュートンプレス 2019年1月号 1 1万1千年前 (紀元前8千年)  農耕が始まったころ、トルコ南東部で遺跡が発見された。標高800mの丘の上に、数百m四方の範囲に広がっています。この 「ギョベックリ・テペ遺跡」は動物の彫刻がほどこされたT字形の巨大な石柱が並べられ,「エンクロージャ…
コメント:0

続きを読むread more

マタイの福音書の成立仮説作り

1 歴史背景  預言者マラキ(紀元前516年以後、エルサレムにて) マラキ書3:1 見よ、わたしはわたしの使いを遣わす。彼はわたしの前に道を備える。     3:10 わたしがあなたがたのために天の窓を開く、     4:1 わたしの名を恐れる者には、(正)義の太陽が昇る。 預言者ゼカリア (紀元前520年記)     …
コメント:0

続きを読むread more

ルカの福音書の語句解釈

 使徒の働きとルカの福音書とは連続している。ルカの福音書の語句解釈によって両書の成立仮説を作ってみたい。 1 1:1 目撃者で、みことばに仕える者となった人たち、・・ 預言者(天文学者)で、ダビデの聖霊を信じる人たち。 2 1:3 初めから調べる ・・イエスの誕生から ・・ 聖霊の働きが先に書かれた。 3 1:3 テオフィロ様  …
コメント:0

続きを読むread more

使徒の働きの成立仮説作り

 「新約聖書の誕生」加藤隆 講談社学術文庫 2016年には、  [新約聖書の成立については、確実なこととして、キリスト教運動のはじめから存在していたのではなかったという事実である。] と述べている。 つまり、当時の人たちには、神、神の子、人の子、神の国、聖霊。御霊などは以前から神話や物語などで聞きなれた言葉であって、当然イメー…
コメント:0

続きを読むread more

聖霊とは

聖霊(πνευμα、Spirit(of Got))とは何であろうか? 1 歴史的背景  ①使徒2:4 使徒たちが他国のことばで話す ← モーセが律法を受ける  ← (出エジプト後50日目)←ノアの箱舟・・旧約聖書グループ  ②激しい風と音 ← ペルセウス座ギリシャ神話・・・ 原カナン信仰グループ  ③ザカリアとマリアの受胎…
コメント:0

続きを読むread more

マルコ福音書成立の仮説作り。

四福音書の中で最も早く紀元70年頃成立したとされるマルコの福音書について、 1 歴史的背景  紀元前3世紀頃、ロードス島はアレクサンドリアの真北で北緯5度違いの地で天文観測に適していた。  紀元前3世紀から前1世紀 アレクサンドリアでモーセ五書をギリシャ語へ翻訳(70人訳)  紀元前75年 ユリウス・カエサルはロードス島へ赴任。…
コメント:0

続きを読むread more

サモトラケのニケ

1 聖域であるサモトラキ島のカベイロス神殿跡で発見された、バロス島産の大理石に彫刻された女神。頭部と両腕は失われているが、翼の生えた勝利の女神像。紀元前190年頃の制作と推定されている。天地創造の大神ウーラノスの子孫とされ、ゼウス信仰の確立以前の、古代時代お自然神の一員とされる。アレクサンドロス大王の後継者の一人であるアンティゴノス二世…
コメント:0

続きを読むread more

私の語句事典(続)

「ふしぎなキリスト教」を読みながら ***第二部*** イエスは実在か    律法の完成化。イエス自身言っている「私は律法や預言を成就(完成)するために来た」(マタ5:17) 四つの福音書     ギリシャ悲劇の形式に則ったもの。 復活         天文現象。古代エジプトのシリウス復活信仰が起源。ヘリアカル・ライジング 魚…
コメント:0

続きを読むread more

私の語句事典

私の語句事典  ・・・ 「ふしぎなキリスト教」大澤真幸著 講談社 2011年を読みながら。 ***第一部*** 一神教    シュメールの神を始めの神とする宗教 預言者    当時の天文学者、今はいない 洗礼     人類最初の洗礼はノアの洪水 神の子    しし座の一等星レグルスが示す子 ユダヤ教   一地方宗教 キリス…
コメント:0

続きを読むread more

山紫水明の美

山紫水明の意味とは、日に映じて山々は紫に、澄んだ水はハッキリと見えること。(広辞苑)  東洋の人々は山紫水明の自然の姿を、自己の欲求のために変容し、自然を痛めつけようとすることは極力避けてきた。いやそれどころか、むしろ大自然の美にあこがれ、その美の中に西方浄土を見出し、そこに自己の安住の世界を求めようと努めてきた。それゆえ、そこ…
コメント:0

続きを読むread more

銀製の鹿像

 四肢に羽根模様が彫られている。台座に固定するための工夫がなされている銀製の鹿像がモンゴルにある突クツのビルゲ可汗廟で出土された。高さ16㎝、モンゴル国立歴史博物館に収蔵されている。銀製ということは、背後には金銀銅鉄などを採掘する人、精錬する人、彫像する人の存在の証明にもなります。それはゾグド人が所有していたとされる。製作者は紀元前20…
コメント:0

続きを読むread more

アブラハムの信仰

前述の記事の続き。 1 <表>    天体特異年  ーー  歴史的遺物 ーー   推定聖書箇所      紀元前 2,927年 ーー 第一王朝誕生  ーー カインとアベル      紀元前 2,450年 -- ハゲワシの碑  ―― セム、ハム、ヤペテ       紀元前 2,066年 ―― 雄山羊の像,第三王朝滅亡 ―― テラ(…
コメント:0

続きを読むread more

ヨブ記にみる美しいことば

・ ヨブへのことばは読み手へのことばである。 38:1 主は嵐の中からヨブに答えられた。 2 知識もなしに言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。 語句説明「摂理」すべおさめること。自然界を支配している理法。別約で「経綸」あり、国家を治め整えること。 ここでは神の前に正しいことだけでは、説明できない理法が存在することが表明さ…
コメント:0

続きを読むread more