アブラハムの信仰

前述の記事の続き。 1 <表>    天体特異年  ーー  歴史的遺物 ーー   推定聖書箇所      紀元前 2,927年 ーー 第一王朝誕生  ーー カインとアベル      紀元前 2,450年 -- ハゲワシの碑  ―― セム、ハム、ヤペテ       紀元前 2,066年 ―― 雄山羊の像,第三王朝滅亡 ―― テラ(…
コメント:0

続きを読むread more

アブラハム以前

1 前期シュメール時代  紀元前3,000年から前2,700年ころ。都市ウルクの支配者ギルガメシュの英雄物語は楔型文字で書かれ有名である。ノアの箱舟物語の原型物語や、王ギルガメシュと友人エンキドゥの物語はイエスと洗礼者ヨハネの関係をほうふつとさせる。 2 第二期シュメール時代  紀元前2,700年から前2,250年ころ。有力都…
コメント:0

続きを読むread more

プラトンの「饗宴」での「美」とは

1 アガトンが語るエロスへの賛美 エロスはすべてのうちでもっとも最も美しく、もっとも優れており、したがってもっとも福なる神である。(十八) 神々の世界にも、エロスが入り来るに及んで、始めて秩序が立ったのである。これの美に対する愛であることは明らかである。(十九) 美に対する愛からあらゆる善事が発生するに至る。(十九) …
コメント:0

続きを読むread more

ヘーゲルの「美しき魂」とは

  美しき魂  表象から自己確信を経て自我に至る意識の運動は、意識と宗教的精神の二層において順次に、または同時に展開する。この分離した二層についての即自的な内容の統一、および対自的な形式の統一は、宗教的精神が達成するものではない。宗教的精神は表象に留まる即自的な直接意識であり、概念に達する対自的な自己意識ではないからである。自己意…
コメント:0

続きを読むread more

ヘーゲルの「絶対知」とは

   19世紀ドイツ哲学者ゲオルグ・ヘーゲル(1770-1831年)の哲学理解の助けのために。 1 数学の絶対値とは。 数の絶対値はとは零(ゼロ)からの距離。正負の符号のない値。 2 ヘーゲルの絶対知とは。 ここで、行動的精神=神の命令を行う心(創12:1)     宗教   =他者依存      表象   =…
コメント:0

続きを読むread more

ヨブ記にみる美しいことば

・ ヨブへのことばは読み手へのことばである。 38:1 主は嵐の中からヨブに答えられた。 2 知識もなしに言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。 語句説明「摂理」すべおさめること。自然界を支配している理法。別約で「経綸」あり、国家を治め整えること。 ここでは神の前に正しいことだけでは、説明できない理法が存在することが表明さ…
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード介護法に期待。

 私はディサービスの介護車の運転手である。ヘルパーさんと一緒に朝のお迎えです。一人目は80歳代の男性です。いつも阪神タイガースのジャージを着ています。昨日は阪神タイガースが奇跡の六連勝をなし、見事CS出場決定の最も喜ばしい朝であった。私もヘルパーも阪神ファンである。三人ウキウキ状態である。次にお迎えに行ったところが、90歳代の女性である…
コメント:0

続きを読むread more

このベートーベン・ピアノ協奏曲は何番?

逆聞き名曲 最後の第三楽章 ロンド・アレグロ 変ホ長調 8分の6拍子  快活なリズムで始まるが、ホルンの通奏低音が入っている。終りにはティンパニィが入る。 ピアノは「ホサナ、ホサナ」と何度も歌う。 「ホサナ。祝福あれ、主のみ名によって来られる方に。イスラエルの王に。」(ヨハネ12:13) 「恐れるな、娘シオン。 見よ、あなたの…
コメント:0

続きを読むread more

ベートーベン・ピアノソナタ第8番 (作品13)

1, マタイ福音書 第一楽章 24:29 ・・・ただちに太陽は暗くなり、月は光を放たなくなり、星は天から落ち、天のもろもろの力は揺り動かされます。 〃:30 そのとき、ひとの子のしるしが天に現れます。そのとき、地のすべての部族は胸をたたいて悲しみ、人の子が天の雲のうちに、偉大な力と栄光とともに来るのを見るのです。 人の…
コメント:0

続きを読むread more

ベートーベン「運命」

交響曲第五番 ハ短調 1808年初演 自身による命名ではない。 1, 第一楽章   アレグロ ハ短調 4分の2拍子 ソナタ形式   ホルンによる第一主題から第二主題へのスムーズな連結 3:20 見よ。わたしは戸の外に立ってたたいている。だれでも、わたしの声(ホルン)を聞いて戸を開けるなら、   わたしはその人のところ…
コメント:0

続きを読むread more

ベートーベンの「月光」とキリストの「復活」

ベートーベン ピアノソナタ第14番 1801年 自身は「幻想曲風ソナタ」と記されたが、 後になって、別の人が「月光」と名付けた。 第一楽章 アダージオ 2/2拍子 嬰ハ短調 葬送感漂う。途切れの無い三連符の上に旋律が乘る。 第二楽章 アレグレット 3/4拍子 変ニ長調 前半はアクセントが強調されて、重々しい。 後半はピアニッシモ…
コメント:0

続きを読むread more

関西学院建築見学記

これらの建物は何を語り、何を伝えようとしているのか、 1 これを解く第一のカギはW.R.ランバスら米国メソジスト派の宣教師たちのよって創立されたことであろう。 18世紀の後半、イギリスでは産業革命によって、生まれ故郷を離れ、工業中心都市に移りすんだ人たちは、 教区制度の中にあって毎週通う教会がなくなり、やがて教会から遠のくよう…
コメント:0

続きを読むread more

講解説教の学び新約書簡Ⅰテモテ6:17-19

私の備忘録です。 ①聖書箇所 Ⅰテモテ6:17-19 ②釈義的観念   主題  来るべき世に持って行けるものは何か、   補足  きよい心と健全な良心と偽りのない信仰から生まれる愛です。(1:5) ③三つの展開用質問  1 これはどういう意味か、    今の世で富んでいても、来るべき世に富はもっていけない。  2 それは…
コメント:0

続きを読むread more

ヨハネの福音書の福音とは。

  1 福音  まことに、まことに、(私は)あなたがたに言います。アーメン アーメン レゴー(一人称単数)  1:51 天が開けて、神の御使いたちが、人の子の上を上り下りするのを、あなたがたは見ることになります。  3:3 人は新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。  3:5 人は、水と御霊によって生まれなければ…
コメント:0

続きを読むread more

ルカ福音書は女性たちからの福音

 この書は女性たちからの福音の書であろうか。 1  王位継承権は女性が持っていた。 ① 三回の「見なさい」・・・主の命令は祝福の約束    1:20 その時が来ます。   1:30 男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。   1:36 エリザベツも男の子を宿しています。 ② マリアの賛歌(福音) …
コメント:0

続きを読むread more

マルコの福音書にはギリシャの風が吹く

マルコ書は、すでに「神の子」の書であるとしました。 本当にそうであろうか。また表題のようにギリシャ哲学の影響があるのであろうか。 1  ガリラヤ湖を一周した後エルサレムヘ ① 1:17 「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」  この言葉使いに似ているのは、紀元前400年ころギリシャの哲学者ソクラテスが…
コメント:0

続きを読むread more

マタイ福音書の八福(音)の教えとは。

神様は完全な方ですので、読む人を不明に迷わすことはされません。 その教えは必ずその答えを同書のなかに用意されているので、注意深く読み進んでみます。 本文は交差構造や「主題と補足」関係を成しているのがヒントになります。 1  「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだからです。」5:3    (答え)鶏が鳴く前に、…
コメント:0

続きを読むread more

新約聖書を初めて読む人のために。

 これは私自身のための備忘録です。  新約聖書を初めて読む時、どこから読んで良いか解らない人にとっての案内にしたい。 本によっては「おりにかなう助け」が記載された新約聖書がありますが、 ここでは、新約聖書27巻の中、最も中心をなす四「福音書」について理解してほしい。 おすすめはベートーベンの二調「第九」を聞いてほしい。まさにイエ…
コメント:0

続きを読むread more

村野藤吾建築・旧大庄村役場

 村野藤吾建築を愛する皆様へ。  かつては、村としては日本一裕福な大庄村が、村野藤吾氏に設計を依頼し、戦争前の暗雲立ち込める昭和12年に建てたものです。次の三部分について見てみましょう。 ①建物外観から ②建物内部から ③建物全体から 当時の人たちはどう見ていたのでしょうか。先ず 、 ①建物外観について 1 藤吾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村野藤吾建築・渡辺翁記念会館見学記

 村野藤吾建築・宇部市渡辺翁記念会館見学記  2019年6月8日(土)、同年輩兄姉四名とともに、見学させていただきました。若き素敵な案内者が解説して下さいました。通用口から中に入りましたところ、何と全館、照明が点いているのです。この心意気というか、おもてなしに感動です。  さて、いよいよ案内です。始めは、地下へ通じる細い階段です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more